現在のお得数 お得術 1,210件 得レポ 2,177

カップ麺やお菓子はドラッグストアが安い?ドラッグストアの意外な事情

カップ麺やお菓子はドラッグストアが安い?ドラッグストアの意外な事情
  • 評価評価
    お得度 お得度 お得度 お得度 お得度 4.70 (得レポ数:11
  • お得額お得額
    数十円程度/個
  • 場所・手段場所・手段
    ドラッグストア詳細
  • 手軽度手軽度
投稿者asachi_co(25歳・女性)
情報更新日:2018年1月17日
情報提供日:2016年12月25日
お得詳細

ドラッグストアは医薬品以外も安い

今日はご飯作るのめんどくさい、買い物に行きそびれて食材がない…そんなときの強い味方、カップ麺。
特に一人暮らしの方は食べる頻度も高いのではないでしょうか。
ところで、そのカップ麺、どこで買っていますか?

食費は1円でも浮かせたいもの。お得に買える場所があるなら是非そこで買いたいですよね。
そこでオススメなのがドラッグストアです。

ドラッグストアの格安食品に注目

チェーン展開しているドラッグストアに行くと、食品が並んでいる光景を見かけます。ドラッグストアなのに、なんで食品が売っているのだろうかと疑問に思ったことはありませんか?

その答えは、お店の戦略にあります。

ドラッグストアの主力商品はあくまで薬や生活用品など心身の健康にかかわるもの。
しかし、それだけではこのご時世集客力としては少々力不足です。これらはある程度スーパーなどでも買えますよね。

そこでお店側が目をつけたのがカップ麺、お菓子、冷凍食品といったある程度保存の効くもの。ドラッグストア側は主力商品を買ってもらうために、消費者にとって身近で便利な食品類を安価で提供することで、集客力アップを図っているというわけです。
実践場所・経由・手段
ドラッグストア
手軽度詳細
お得術実践までの必須事項:なし

投稿者の得レポ

実例として、とあるカップ麺の価格を近所のコンビニとドラッグストアで比較してみました。

コンビニでは147円。一食分と考えれば安いですが、ドラッグストアではまったく同じものが78円で売っていました。ほとんど半額ですね。

「塵も積もれば山となる」とはまさにこのこと。食べる頻度が高い方は、長い目で見ると相当出費を抑えられます。

みんなの得レポみんなの得レポみんなの得レポ

得レポをもっと見る

関連カテゴリー関連カテゴリー関連カテゴリー