現在のお得数 お得術 1,210件 得レポ 2,177

JR東日本の週末パスの利用でJR東日本圏内の週末の移動がお得に!

JR東日本の週末パスの利用でJR東日本圏内の週末の移動がお得に!
  • 評価評価
    お得度 お得度 お得度 お得度 お得度 3.00 (得レポ数:1
  • お得額お得額
    数百~数千円/往復
  • 場所・手段場所・手段
    電車詳細
  • 手軽度手軽度
投稿者tanpopo_nana8(31歳・女性)
情報更新日:2017年12月11日
情報提供日:2016年12月14日
お得詳細

JR東日本「週末パス」とは

JR東日本「週末パス」とは、連続した土日に、JR東日本を利用する際に、正規の値段で買うよりもお得になるというきっぷです。

大まかな区間としては、西は長野の一部から、東北方面は仙台・山形までのJR東日本区画がフリーエリアに指定されていて、週末パス一枚で乗り降り自由となります。

JR東日本「週末パス」の料金

週末パスは東京~仙台、山形、新潟などの区間を土日に乗車するにはお得なきっぷです。
指定席券を別途購入すれば、普通列車(快速含む)の指定席に乗れますし、新幹線や特急列車にも別途特急料金を足して乗車できます。
*東海道新幹線には乗車できません。

【JR東日本週末パスの料金】
・おとな:8,730円
・こども:2,560円
*有効期間:土休日の2日間

例えば、新幹線で東京~仙台間は片道10,370円(乗車券5,940円 特別料金4,430円)、往復で20,740円です。
それが週末パス利用だと特別料金4,430円を往復支払ったとしても往復17,590円
3,150円もお得になります。
*新幹線料金は時期や時間によって異なります。

加えて、期間内は指定されたJR線が乗り放題です!

JR東日本以外でも週末パスで乗車できる路線

週末パスは、JR東日本在来線のほか14の鉄道会社線の普通列車(快速含む)普通車自由席で乗り降り自由になります。

【JR東日本週末パスで乗車可能な路線】
・JR東日本在来線
・山形鉄道
・阿武隈急行
・福島交通
・会津鉄道(西若松〜会津田島間)
・えちごトキめき鉄道
・北越急行
・上田電鉄
・しなの鉄道
・長野電鉄
・松本電鉄
・ひたちなか海浜鉄道
・鹿島臨海鉄道
・富士急行
・伊豆急行

使用する土日の前日金曜日までに購入する必要がありますが、週末に1泊旅行を計画している人はぜひ利用を検討してみてください。

えきねっとトクだ値で、新幹線はじめJR東日本の乗車券が最大40%off!

関連お得情報・節約術

えきねっとトクだ値で、新幹線はじめJR東日本の乗車券が最大40%off!

えきねっとは、JR東日本管轄内の新幹線や特急券などをインターネットから予約購入す…

JR東日本やJR東海を使う際8人以上なら団体割引で10~15%off

関連お得情報・節約術

JR東日本やJR東海を使う際8人以上なら団体割引で10~15%off

JR東日本やJR東海を利用して8人以上で旅行をする場合は、団体割引が使えます。【…

お先にトクだ値を使って予約をすれば、JR東日本の新幹線料金が約30%以上OFFに!

関連お得情報・節約術

お先にトクだ値を使って予約をすれば、JR東日本の新幹線料金が約30%以上OFFに!

JR東日本の新幹線に乗るなら、ぜひ「お先にトクだ値」という運賃を利用してください…

JR東日本ダイナミックレールパックなら、電車代+宿泊代で大幅割引が受けられる!

関連お得情報・節約術

JR東日本ダイナミックレールパックなら、電車代+宿泊代で大幅割引が受けられる!

JR東日本の往復運賃とJR東日本管轄内にある提携宿泊施設を自由に組み合わせて購入…

実践場所・経由・手段
電車
手軽度詳細
お得術実践までの必須事項
アプリインストール メールアドレス登録 基本情報登録(氏名、住所、電話番号など)
決済情報登録(クレカ情報、銀行口座など) その他登録多数 初期費用あり
書類準備(住民票、免許証コピーなど) 店舗にて取得または手続き
※JR東日本の駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ等で購入

投稿者の得レポ

東京から福島まで、往復した場合、
・新幹線自由席で往復した場合、(乗車券4,750円、特急券3,680円)×2で、16,860円
・週末パスを利用した場合、8,730円+特急券3,680円×2で、16,090円
770円のお得

さらに新幹線だけでなく、JR線や指定在来線の運賃も無料になるので、更にお得です!

関連カテゴリー関連カテゴリー関連カテゴリー