現在のお得数 お得術 1,210件 得レポ 2,177

個人賠償責任の保険なら、JCBカードの日常生活賠償プランが1億円まで補償&月額150円でお得!

個人賠償責任の保険なら、JCBカードの日常生活賠償プランが1億円まで補償&月額150円でお得!
  • 評価評価
    お得度 お得度 お得度 お得度 お得度 3.00 (得レポ数:1
  • お得額お得額
    数千円程度/年
  • 場所・手段場所・手段
    クレジットカード詳細
  • 手軽度手軽度
投稿者hsk59(39歳・女性)
情報更新日:2017年11月2日
情報提供日:2016年11月28日
お得詳細

個人賠償責任には損害賠償保険加入が有効

日常生活の不意な出来事で個人賠償責任を負うことになった時のための損害賠償保険、入ってますか?

保育園や幼稚園や学校入学時に加入するように勧められますが、子供が誰かにケガをさせてしまったり、物を壊してしまった時に役立つのも損害賠償保険です。

JCBカードの「日常生活賠償プラン」がお薦め

通常の損害賠償保険は年間5,000円程度ですが、JCBカードのトッピング保険「日常生活賠償プラン」なら、年間1,800円(月払い150円)で家族全員(*)が1億円まで補償されます。
(*)会員本人または配偶者の同居の親族、別居で婚姻歴のない未婚の子ども

低価格で補償内容もしっかりしているので、本当にお得&おすすめです!

JCBカード「日常生活賠償プラン」の加入資格

過去1年間にケガや事故で保険金を受け取っていない満20歳~69歳のカード会員が加入できます。
申し込みは簡単で、ネットの申し込みサイトから必要事項を入力し、申し込みボタンを押すだけです。
申し込みサイト:https://insurance.jcb.co.jp/toppingcushionpage/init

日常生活賠償プランの対象になるJCBカード

・カード番号の最初の3桁が354、355で始まるカード
・裏面にJCBのお問い合わせ先の記載があるカード
*両方を満たしていること

日常生活賠償プランで補償される事例

・訴訟になった時にかかる弁護士費用
・飼い犬が他人を噛んでしまった時
・買い物中に子どもが商品を壊してしまった時
・認知症の親が徘徊中に事故にあってしまった時
・子どもが自転車事故を起こした時
など

日常生活賠償プラン上限額

・個人賠償:1億円
・死亡事故/後遺障害(交通事故の場合のみ):100万円(申し込み会員本人のみが対象)
実践場所・経由・手段
クレジットカード
手軽度詳細
お得術実践までの必須事項
アプリインストール メールアドレス登録 基本情報登録(氏名、住所、電話番号など)
決済情報登録(クレカ情報、銀行口座など) その他登録多数 初期費用あり
書類準備(住民票、免許証コピーなど) 店舗にて取得または手続き
※JCBカード会員であることが前提

投稿者の得レポ

子供が損害賠償保険の申し込み用紙を幼稚園からもらってきました。

年間の保険料は1番安いもので4,000円
JCBカードの損害賠償保険は年間の保険料が1,800円で、2,200円お得です。
補償内容もほとんど変わりません。

迷わず、JCBカードのトッピング保険「日常生活賠償プラン」に加入しました。

関連カテゴリー関連カテゴリー関連カテゴリー