現在のお得数 お得術 1,208件 得レポ 2,134

余ったご飯は捨てないで!黄色いご飯だって実は色々使えちゃうんです。

余ったご飯は捨てないで!黄色いご飯だって実は色々使えちゃうんです。
  • 評価評価

    お得度 お得度 お得度 お得度 お得度 4.00 (得レポ数:3
  • お得額お得額

    数円程度/回
  • 場所・手段場所・手段

    自宅詳細
  • 手軽度手軽度

投稿者kokoa19(40歳・男性)
情報提供日:2017年4月23日

お得詳細

余ったご飯が固くなったり、黄色く変色してしまったことはありませんか?
私は寿司職人で、とあるレストランの料理長をしてます。
そこで培った料理に関する必見節約術を伝授致します。

前日に余ってしまったお米
すぐにラップに包んで冷凍庫に保存すれば色落ちも防げて、後日でも問題無く頂く事が出来ますよね?

でも、つい忘れて炊飯器にそのままという経験をされた方は多いはずです。
そして朝見た時には黄色いご飯が・・よくある話です。
残念ながらほぼ廃棄してしまう事になります。

待って下さい。そのお米使えますよ?
黄色くなってしまっても、ラップに包んで冷凍庫で保存しておいて下さい。

①油の寿命伸ばし
揚げ物をした後の油の中に解凍したそのお米を投入し再加熱して下さい。
油こしでは取れない小さなフライかすが米に付着して綺麗な油に戻してくれます

これで2~3回は油の寿命が延びます
ちなみに油は初めて使うより何度か使用した後の方が美味しく揚げ物ができます。

②米ぬかや米の研ぎ汁の代用
大根などの下茹でをする際に米ぬかや米の研ぎ汁を使用して下茹でをすると青臭さが抜けて美味しくなるのはご存知ですよね。
その代用品として保存しておいた黄色いお米が利用できます。
お米をお茶の葉を詰める時に使用するティーバック等に入れて一緒に茹でれば同じ効果が得られるんです。
米ぬかの節約にもなります。

③水溶き片栗粉の代用
また、豚の角煮を作る際に仕上げの段階で水溶き片栗粉を入れてとろみを付けると思いますが、この水溶き片栗粉の代用にもなります。
調味料を入れて煮る段階で上記と同じように米の入った袋を投入し煮込めば、米の澱粉質が溶け出してくれて煮汁にとろみをつけてくれるんです。
微量ではありますが片栗粉の節約にもなりますね。

是非試してみて下さい!!

実践場所・経由・手段

自宅

手軽度詳細

お得術実践までの必須事項:なし

投稿者の得レポ

我が家は揚げ物の回数が非常に多いので、このおかげで月に油一本分(400円程)は節約出来ています。

年間に換算すると5,000円程お得になると思います。

関連カテゴリー関連カテゴリー関連カテゴリー