現在のお得数 お得術 1,210件 得レポ 2,177

水道代節約術♪食器洗いの水量を「鉛筆1本分」にするだけで月数千円の節約も可能!

水道代節約術♪食器洗いの水量を「鉛筆1本分」にするだけで月数千円の節約も可能!
  • 評価評価

    お得度 お得度 お得度 お得度 お得度 5.00 (得レポ数:2
  • お得額お得額

    数千円程度/月
  • 場所・手段場所・手段

    自宅詳細
  • 手軽度手軽度

投稿者hiropon6975(41歳・女性)
情報提供日:2017年3月28日

お得詳細

食器洗いの時などに水道水を出しすぎていませんか?

節水の意識を保つためにわかりやすい水流の目安が「鉛筆1本分」です。
ジャージャーと流しっぱなしで使っていた水道を鉛筆1本分の細さに絞ることで大幅な節水になります。

汚れが落ちないかもと心配になるかもしれませんが、洗い方を工夫すれば大丈夫。
最初に洗い桶に水をため、食器を浸しておきます。
汚れがゆるんでから食器洗剤で洗い、洗剤を流す時だけ鉛筆1本分の水流でこするように流せばピカピカになります。

「鉛筆1本分」は子どもにもわかりやすいので、家族で節水意識を高める方法としてもお勧めです!

実践場所・経由・手段

自宅

手軽度詳細

お得術実践までの必須事項:なし

投稿者の得レポ

家族の水道水の出しすぎは厳しく注意するクセに、自分が食器洗いをするときは、だぁ~っと水を出していないと洗っている気分になれなかったワタシ。
子どもが保育園で『もったいないばあさん』の歌を覚えてきて、「お母さん、お水がもったいない!」と、鋭い指摘をされて、ハッ!としました。
よく4人家族の水道代平均月7,000円程と言われますが、うちもそんなもんでした。


そこから、自分に厳しくなったワタシ。
食器洗いのときに出す水は、特に注意していて、「鉛筆1本」分の(太さ?)水流にしました。

すると、なんと水道代が5,000円台になったんです!
子供の指摘から-2,000円は大きい金額です!

洗い方にも工夫をするようになって、洗剤をつけたら、洗い桶に入れて、その洗い桶の上で、洗剤を流していきます。
いままで、何トンって(何千トン??)の水道水を無駄にしていたことでしょう……。
習慣化すれば、そんな難しいことではないです。

慣れって、すごいですよね!

関連カテゴリー関連カテゴリー関連カテゴリー